住まい選びでは間取りや価格を重視してしまいがちですが、地域の特徴も考慮するようにしましょう。

新しい土地での住まい探しのコツ
ENTRY
新しい土地での住まい探しのコツ
新しい土地での住まい探しのコツ

住まい選びでは地域の特徴も考慮して

住まいを選ぶ時は、間取りや価格、立地などを基準にする人が多いと思いますが、地域性も大切だと思います。
子供の医療費や補助金、その他いろいろと地域によって異なることがあります。
マイホームなら価格が、賃貸なら家賃が安いと思ったら、地域の特性によってずいぶん出費が嵩むなんてことのないように注意しなければなりません。

例えば私が今まで経験したことを挙げますと、まず地域によってとても差があるのが国民健康保険料です。
日本は国民皆保険と言って、全員がなんらかの健康保険に加入しています。
だからこそ病院で実費を支払わずに済むわけで、これはとても優れた制度です。
会社で社会保険に加入している会社員の方は別として、国民保険に加入している人は住んでいる地域によって支払う保険料が異なります。
財政が苦しい地域ほど保険料は高く、財政が潤っている地域ほど安くなっています。
企業が少なくお年寄りが多い地域は高いと思って間違いありません。私の主人は去年引越しをしてから毎月の保険料が1万円も上がりました。次に水道代です。
こちらも地域によって差があります。
我家では引越し前はなぜか不要だった下水道料金が上乗せされるようになり、水道料金が倍になりました。都市ガスが整備されていない地域ですとプロパンが多く、光熱費がかかります。
あと細かいことを言えばガソリン代、灯油代も地域によってずいぶん差があります。
車を所有している人はこういったところにも注目して住まい選びを失敗しないようにしてください。

おすすめサイト一覧

Copyright (C)2017新しい土地での住まい探しのコツ.All rights reserved.