同じ地域と住まいに暮らして故郷の思いに固執しないで新しい価値観や生活様式を住まいに取り入れる向上心が必要です。

新しい土地での住まい探しのコツ
ENTRY
新しい土地での住まい探しのコツ
新しい土地での住まい探しのコツ

新しい価値観や生活様式を取り入れる向上心が必要な地域や住まい

自然環境の残る地域で生まれつきの土地にそのまま暮らしていると周囲になじみの人が残っているので引っ越しすることを嫌がり、ずーっと住まいを変えずに暮らすことを望むようです。
一般的にはこれがその人の故郷となり、ここだけが暮らしやすくて住みやすい場所だという考えに固まっていくわけです。
しかしながら、生まれた土地を離れて国内各地を引越した経験のある人はそれぞれの地域毎に気候や風土あるいは人柄や食べ物など日常生活に関わる要素がそれぞれ異なる中で住まいを持ち、家族ともども生活しながらいろいろな思いを体験するので、住みやすさや暮らしやすさの考え方には幅がでてもおかしくないでしょう。
ひいてはそれが各人の物事への価値観の多様化にもつながっていくわけです。

我が国は貿易立国として国際社会とのつながりを強めていかざるを得ぬ上にネット社会の普及で国内社会は価値観が多様化し、生活様式も幅広く変わりつつあり、かつての日本古来の考え方とは大きく変わったものになりつつあるでしょう。
土着型の人の地域や住まいに対する考え方が昔懐かしさに対する思いの強いことが貴重な考え方だとしても、その思いだけに執着していてはますます進化し、変質していく価値観を持つ人と交流したり共同生活すると違和感ばかりが目立ってしまうはずです。
行きつくところ、土着型の人たちは同じような考え方の人たちばかりが古き良きものの残る地域に住まいを構えて住み、時代の流れや変化に背を向けて暮らさざるを得ぬようになってしまうのではないでしょうか。願わくば、地域の住まい方などに残る良い面を残しながらも、新しい価値観で生み出される住まい方も取り入れる度量を持ってもらい、新たな住まい方などを生みだす工夫をする位の気持ちを持ってもらいたいのです。

おすすめサイト一覧

Copyright (C)2017新しい土地での住まい探しのコツ.All rights reserved.